美容効果が高いホホバオイルの選び方5選 正しい選び方にピッタリのものを選ぼう

美容効果が高いと言われているホホバオイルは顔や髪の毛に使われる方が多いです。

肌の保湿だけでなくアトピーや肌荒れを改善してくれたり、頭皮の乾燥にも効果があると言われていますが、種類がたくさんあるので、どれを選んだいいか迷ってしまう方は多いです。

そんな方の為にホホバオイルの選び方を紹介します。

ホホバオイルの選び方

未精製か精製

基本ホホバオイルというのは未精製と精製の2つに分けられています。

未精製というのは「ホホバ」から直接絞ったオイルの事で、ミネラルやビタミンが豊富に含まれており、別名「ゴールデンホホバオイル」とよ言われています。

綺麗な黄金色と独特の香りがあるのが特徴です。

そして精製というのは未精製のオイルから不純物を取り除いたものをいいます。

脱色と脱臭がされているもほが多く、匂いを嗅いでも無臭で無職です。

ホホバの主成分であるワックスエステルの効果はありますが、不純物を取り除く際、ミネラルやビタミンの栄養素が失われてしまっています。

ホホバオイルの効果をMAXで生かそうとすれば未精製の物がおすすめなんですが、値段がちょっと高いので、値段だけでみると精製製品を選ぶの方がお手ごろ価格で手が出しやすいです。

美容成分を重視するのであれば、未精製の方がミネラルやビタミンが豊富なのでおすすめですし、美容成分が少なくてもいいから肌への刺激を抑えたいとであれば精製済みのものがおすすめです。

肌質とホホバオイルの相性は一人一人全然違ってくるので、大容量のホホバオイルを買うのではなく、精製された少量のホホバオイルから少しづつ試してみるのがおすすめです。

低温圧搾法

ホホバの実からホホバオイルを抽出する方法は低温搾法と、溶剤抽出法、水蒸気蒸留法があります。

低温圧搾法は圧力をかけながらオイルを絞り出す方法で、後2つと比較して効率が悪く不純物が混ざってしまうので、劣化するのが早いというデメリットはありますが、低温で抽出することで、熱に弱い栄養素が失われる事がなく、栄養が豊富で高品質なオイルをとる事がでします。

水蒸気蒸留法は水蒸気を使って植物から液体を使い、それにプラスして液体から油分を抽出するという方法になります。

溶剤抽出法は油分を分離させながら抽出する方法です。

この2つは高音で処理するため、ホホバオイルに含まれている熱に弱い成分が失われると共に、免疫力を高めて肌の乾燥を防ぐ不飽和脂肪酸が万病の元と言われるトランス脂肪酸に変わってしまうので、この2つの方法でできたので、ホホバオイルはおすすめできません。

デメリットはあるものの質が高いことに変わりがないので、低温圧搾法のホホバオイルを選ぶのがおすすめです。

無添加

天然由来成分が豊富なオイルというのはとても貴重なので、価格もまぁまぁいい値段します。

そのため安い他のオイルを混ぜて販売している業者もいるほどです。

以前、料理や美容に人気が高いオリーブオイルでもが質の悪いオイルで希釈されている偽物だという報道がされていたので、それを見たことがあるいると思います。

100%の天然植物オイルというのはどのオイルにも言えることですが、希少価値が高く、他のオイルを混ぜて希釈して防腐剤や香料といった合成添加物を添加することで誤魔化しているホホバオイルも市場には出回っています。

また天然由来成分と記載されたオイルもありますが、実はこれも植物などの天然素材に化学処理を加えて作り出した成分という意味で添加物です。

希釈の有無は中々見分けることができませんが、原材料の表記を確認して合成添加物が無添加の物を選ぶようにしましょう。

オーガニック

農薬化学肥料を使用せずに栽培されたものは安全性と栄養素がぎゅっと詰まっているため質がいいです。

肌トラブルのリスクを最小限に抑えたいのであれば、オーガニックの精製済みのオイルを選ぶとリスクが少なくておすすめです。

日本では化粧品のオーガニック認証をする機関がないですが、海外には原料や製造工程、商品について厳しく検査しているオーガニック認証機関があります。

認証されているホホバオイルにはメーカーの公式サイトまたはオンラインショップに認証を受けた団体とマークや認定書が掲載れているので、それを確認してみてください。

信頼できるメーカー

極端に価格の安いホホバオイルは高温抽出や希釈、化学薬品や添加物などの使用で大量生産している物があります。

そういう物は不純物も多いだけでたく、思いっきり精製されているのもが多いので、肌への刺激はもちろんですがらホホバオイル本来の成分も無く、なんの効果も得ることができません。

売れている、何となく良さそう、口コミが多いなどのイメージで選ぶのではな公式サイトやパッケージなどの表記はしっかり確認してください。

また不明点があれば、問い合わせをするなど、信頼出来ると感じられるメーカーを選ぶのが大切です。

まとめ

色んな種類があるホホバオイルですが、間違ったものを選んでしまうと肌トラブルのリスクが上がってしまいます。

何を重視して選ぶのかによって選び方が違いますし、敏感肌なのかそうでないのかによっても違うので、選ぶ時の参考にしてみてください。